タバコが薄毛の原因!?タバコと薄毛の関連性

タバコは肺がんを引き起こしたり、副流煙で周りの人にも害をもたらす、
まさに「100害あって1利なし」の存在です。

 

しかし、このタバコ、実は身体だけでなく髪にも害を与えます。

 

そう。薄毛です。タバコを吸うことにより、
男性ホルモンが10%〜30%増加すると言われています。

 

実際には、男性ホルモンが主な原因というわけではなく、
喫煙によりニコチンが体内に入ることで、薄毛になります。

 

ではタバコを吸うと、どのようなことが原因で薄毛になるのかをお話ししたいと思います。

 

ニコチンは薄毛の最大の敵!

タバコに含まれているニコチンは、
身体だけでなく、髪にもかなり害を与えます。

 

ニコチンは有害物質であり、
体内に入り込むと自律神経を刺激し、血管を収縮させてしまいます。

 

血管が収縮すると、血行不良になり、身体全体の血流が悪くなります。

 

血流が悪くなると、当然頭皮も血行不良になり、結果、薄毛に繋がってしまうのです。

 

ニコチンが大切な栄養素を奪う!

髪を育てる土台となる頭皮の健康は、
ビタミンCとビタミンEにより保たれています。

 

しかしニコチンが体内に入り込むと、ビタミンCを破壊してしまいます。

 

ビタミンCがなくなったり不足したりすると、
血行を正常に保つ役割を果たすはずのビタミンEが、効果を発揮しなくなります。

 

そのため、頭皮に栄養が行き渡らずに、
血行不良になってしまうため、抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

 

禁煙すれば薄毛にならないのか?

「タバコを辞めたら、薄毛にならない」というわけではありません。

 

長年タバコを吸い続けてきた人にとっては、
禁煙は並大抵ならぬ努力と、それに伴いかなりのストレスが生じます。

 

ストレスこそ、薄毛の最大の敵とも言われており、
ストレスによってさらに薄毛になる可能性があります。
禁煙によりストレスを感じる場合は、禁煙よりも節煙をオススメします。

 

男性ホルモンが薄毛に関係があると言われている理由が「遺伝」です。
しかし、その遺伝による男性ホルモンの量が多い人がタバコを吸うと、
薄毛になる可能性が高くなります。

 

タバコの特性は、吸う期間が長ければ長いほど、辞めにくくなるということです。
無理に辞めようとすれば、ストレスを感じ、ストレスから円形脱毛症にもなりかねません。

 

長年吸い続けてきたタバコにサヨナラするのも、なかなか難しいことですが、
自分に無理のないように本数を減らしたりしながら、喫煙量を調整してみてください。

PAGETOP