男性だけじゃない!?女性の薄毛の原因とは?

薄毛と聞くと、年配の男性のイメージがありますが、
薄毛に悩んでいるのは男性だけではありません。

 

男性の薄毛よりも女性の薄毛の方が悩みが多いものです。
「いつまでも若くキレイでいたい」と思う反面、
「こんな髪じゃ外出できない」と、家に引きこもるケースも多々見られます。

 

そんな悩みを持つ女性たちのために、女性の薄毛の原因とは何か?
について、お話ししたいと思います。

 

女性型脱毛症の原因

男性の薄毛を男性型脱毛症、
女性の薄毛を女性型脱毛症と言います。

 

男性型脱毛症は、M字型に後退したり、
前頭部から後頭部にかけて薄毛が見られます。

 

しかし、女性型脱毛症は男性型脱毛症とは違い、
次のような原因が挙げられます。

 

  1. 女性ホルモンの低下
  2. 加齢
  3. 遺伝

 

女性型脱毛症の主な原因は、加齢にあります。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、40代に入ると一気に減少します。

 

エストロゲンが少なくなると、
代わりに男性ホルモンが多くなってくるため、女性型脱毛症が起こると言われています。

 

また40代では、甲状腺機能も低下するため、女性型脱毛症以外にも、
甲状腺の病気や膠原病などによる薄毛の可能性もあります。

 

「薄毛になってきた」と感じたら、病院で検査してみるのも良いと思います。
病気でなければ、女性型脱毛症と診断されます。

 

薄毛になったことによるストレス

ストレスは薄毛を誘発しますが、薄毛になったことに対して、
さらなるストレスを抱えてしまいがちです。

 

過度なストレスにより、さらに薄毛が進行してしまうという悪循環になってしまいます。
薄毛をあまり気にせずに、自分ができるケアを優先に考えることが大切です。

 

間違ったヘアケアによる薄毛

若い頃は、誰もが一度は経験するカラーリングですが、ブリーチを毎回していたり、
朝晩と必要以上に髪を洗うことにより、将来薄毛になる可能性があります。

 

傷んだ頭皮に追い打ちをかけるようにブリーチをしたりしていると、
傷んだ頭皮は更に傷み、ボロボロになってしまいます。

 

歳を重ねるほど再生機能は低下しますので、気をつけましょう。

 

女性型脱毛症は男性型脱毛症に比べると、比較的治りやすいものであり、
「このまま髪がなくなったりしたらどうしよう」などと考えずに、如何に早く治すかを考えましょう。

 

やはり女性ですから、髪が薄くなったり、ハリやコシがなくなると、大変ショックだと思います。
しかし、ストレスは最大の敵!深く悩むよりも、前向きに治す気持ちを大切にしましょう。

PAGETOP