薄毛の治療薬はどんなもの?薄毛の治療薬の種類

AGAに悩み、育毛剤やサプリからAGAクリニックの薬にしようか、
迷っている人もいると思います。

 

しかし、
「薬の種類が多すぎて迷う」
「ジェネリックの方が良いのかな?」

 

とさらに悩んでしまうかと思います。

 

今回は、薄毛の治療薬の種類について、お話ししたいと思います。

 

AGAクリニックで使用する薬

AGAクリニックでは、脱毛防止の治療薬と
発毛促進の治療薬の2種類を、主に使用しています。

 

AGA治療薬の有効成分の1つであるフィナステリドには、
U型5-αリダクターゼを制御する効果があり、
新たな脱毛物質の生成を抑えることができます。

 

大きな効果として挙げられているのが発毛促進効果です。

 

育毛・発毛に最も重要と言われている
毛母細胞や毛乳頭細胞に直接効果を与えて、
細胞を活性化させて、発毛を促進する効果があります。

 

AGAクリニックの治療薬紹介

AGAクリニックの治療薬は、種類もたくさんありますが、
今回は聞き慣れたミノキシジルタブレット、プロペシア、フィナステリドを省き、
それ以外の薬をご紹介したいと思います。

 

【ザガーロ】

日本では、2015年にグラクソ・スミスクライン社製の
ザガーロが承認され、現在処方されています。

 

ジヒドロテストロン(DHT)は、脱毛の主な原因と言われていますが、
ザガーロはジヒドロテストロン(DHT)を抑制する効果があります。

 

プロペシアを使用して効果が実感出来なかった人にオススメです。

 

【フィナステリド・ファイザー】

プロペシアの正規品で、ジェネリック医薬品になります。
脱毛を予防し、髪の毛のボリュームアップを促します。

 

【ロゲイン】

ロゲインはロゲインフォームと呼ばれる、塗るタイプの治療薬になります。

 

主成分がミノキシジルなので、
ミノキシジルタブレットと同じ作用があり、育毛・発毛を促進します。

 

フィナステリドやデュタステリドと作用が異なるため、併用が可能と言われています。

 

【アロビックス】

アロビックスは、塩化カルプロニウムを主成分とした、
フロジン液のジェネリック医薬品です。

 

アロビックスの効果が持続しやすい理由は、皮膚への高い浸透力にあります。

 

今回ご紹介した薬は、ほんの一部でしかありません。
しかし、AGAクリニックの無料カウンセリングにて、
自分に合った薬を処方して貰ってください。

PAGETOP