知っておきたい!育毛治療薬の副作用について

育毛剤同様、育毛剤治療薬にも副作用があります。

 

薬というものは、症状があるないに関わらず、
副作用というものは必ずつきものです。

 

EDが副作用として現れた人の中には、
「3年間、副作用だと気づかなかった。疲れているだけかと思ったが、
ネットでたまたま副作用であることが判明した。」という人もいました。

 

今回は、育毛剤治療薬に関する副作用について、
特に知っておいていただきたい事だけをまとめて、ピックアップしてみました。

 

心臓や腎臓への負担

血流を改善させる一部の育毛剤や治療薬には、
血圧を変動させる作用があります。

 

そのため、心臓や腎臓が弱い人や高血圧や低血圧などの症状がある人は、
心臓や腎臓に副作用が現れます。

 

薬剤師などの専門家による指導が必要です。

 

心臓や腎臓だけでなく、全身に症状が現れてしまう人もいますので、
自分が副作用が出る恐れがある、または過去に副作用が出たことがあるという人は、
育毛相談や無料カウンセリングであらかじめ相談することをオススメします。

 

プロペシアの副作用

プロペシアは、女性には使うことのできない薬で、
男性には性欲低下や精子の減少など、
性に関する副作用があることはご存知かと思います。

 

しかし、一番怖い副作用が、
「触っただけで使用したのと同じ」という部分です。

 

実はプロペシアは、使用していない人の身体に
触っただけで副作用を与えてしまいます。

 

「使用中に液体が飛んでしまった」
「プロペシアを使用した後、手を洗わずに他人に触った」

 

この相手が自分の奥さんや彼女だったとしたら?
触れただけで浸透してしまうプロペシア、ゾッとするような副作用です。

 

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはAGA治療薬としては有名で、
副作用の内容も知って人がほとんどだと思います。

 

しかしタブレットに関しては、飲むと髪の毛だけでなく、
全身の毛が育毛されてしまうという副作用もあるそうです。

 

腕や足、脇の下、下半身など、あらゆる毛が伸びてしまい、
脱毛クリニックで脱毛せざるを得なかったという人がいました。

 

また、女性のように乳房が大きくなってしまったという事例もあります。

 

 

このように、医学的な副作用の他にも、
個人により様々な副作用を引き起こします。

 

特にネットショップで購入するAGA治療薬は、副作用が強く現れるとのことです。
認可されていない偽物もあるようなので、注意が必要です。

 

また副作用を防ぐためには、用量・用法をしっかり守り、
身体が少しでもおかしいと思ったら、すぐに医師や専門家に相談してください。

 

育毛も大切ですが、なによりも自分の身体と命が一番大切なのですから。

関連ページ

AGA治療薬
PAGETOP