食生活を改善!薄毛に効果のある食べ物を取り入れよう!

薄毛の原因には、
遺伝・睡眠不測・ストレスなどの様々な原因があります。

 

食生活の乱れもまた、薄毛の原因と言われています。
働き者の日本人の食生活は乱れがちで、
栄養バランスも偏る傾向にあります。

 

ただ食生活を改善するだけでなく、
薄毛に効果のある食べ物を積極的に取り入れることで、
育毛剤を使用しなくても薄毛が改善される場合があります。

 

そこで今回は、薄毛の改善が期待できる食材と、
食生活の見直しについてお話ししたいと思います。

 

食生活を見直そう!

普段何気なく食べている食事が、偏っていませんか?

 

外食が多い、脂っこい食事がほとんど、
インスタント食品やファーストフードで済ませてしまうなど、栄養バランスが悪く、
偏った食事をしてばかりいると、今は大丈夫でも、後に薄毛になる可能性があります。

 

また現在薄毛の人は、薄毛を悪化させてしまう原因となります。
出来るだけ自炊し、育毛に良い食材を取り込むことが大切です。

 

「一人暮らしだから、なかなか作らない」という人は、
休みの日にまとめて作り置きして、冷凍保存したりすると、
忙しい毎日でもすぐに食事の準備ができます。

 

惣菜などは買えば簡単ですが、脂っこいものや味が濃いものなどは、
食べる時に調整が出来ません。

 

やはり自炊の方が好みの味に合わせやすく、ヘルシーに仕上げることができます。

 

薄毛の改善が期待できる食材

まず髪に良いと言われている栄養は、

 

  • 亜鉛
  • ミネラル
  • 大豆イソフラボン
  • ビタミン
  • たんぱく質
  • 海草類(海藻エキス)

 

の6つです。

 

髪の毛自体がたんぱく質から出来ているため、
たんぱく質を含む食べ物は毎日摂取しなければいけません。

 

また大豆製品を食べることにより抜け毛を防ぐことができるので、
豆腐や煮豆などを副菜で食べると、
たんぱく質と大豆イソフラボンを両方摂取できます。

 

またサラダに茹でた枝豆をまぶして食べるのもオススメです。

 

ビタミンを摂ることで育毛効果が得られますから、
朝食にフルーツを一緒に食べると良いでしょう。

 

特にミカンは頭皮を柔らかくしてくれますから、頭皮改善にオススメです。

 

海草類はミネラルも豊富で、昔から髪に良いと言われています。
サラダなどで毎日摂取すると良いと思います。

 

またワカメの味噌汁、酢の物など調理方法は限られてしまいますが、
育毛のためには欠かせない食材です。

 

昆布の煮しめにしても美味しくいただけます。

 

髪はたんぱく質から作られると言いましたが、実は亜鉛が不足していると、
たんぱく質を摂取しても髪の毛が生成されません。

 

亜鉛は、牡蠣や卵黄、ホタテ、干しエビ、チーズ、レバー、
落花生などに多く含まれているので、魚介類をはじめ、
レシピが豊富なので飽きずに毎日摂取が可能です。

 

亜鉛は一番摂取率が悪く、常に不足しがちな栄養ですから、
薄毛の悩みを改善するには、亜鉛を多く取らなければいけません。

 

食材1つでも薄毛は改善できますし、
髪の毛だけでなく身体にも健康をもたらしてくれます。

 

上記の食材の他にも、緑黄色野菜も薄毛に効果があります。

 

緑黄色野菜に含まれるビタミンB群・ビタミンEは熱に強く、
炒めたり茹でたりしても壊れないのが特徴です。

 

調理法としては温野菜やカレー・シチューなどがあり、
レシピも豊富ですから、様々なアレンジをしてみてはいかがでしょうか。

 

PAGETOP