MENU

知っておきたい育毛剤の副作用!

育毛剤には飲む育毛剤(サプリメント)と、塗る育毛剤があります。
市販の薬をはじめ、薬には全て副作用があります。

 

「副作用が出たことがない」という人もいますが、副作用の種類により、その副作用に対して免疫が強いかどうかによるだけであり、副作用は誰にでも起こりうることなのです。

 

そこで今回は、飲む育毛剤の成分による副作用と
塗る育毛剤の副作用について、お話ししたいと思います。

 

飲む育毛剤の成分とその副作用

それでは飲む育毛剤の成分別に、副作用をご紹介したいと思います。

 

【ミノキシジル】

ミノキシジルには、プロピレングリコールという溶剤が含まれており、
アレルギー反応の主な原因になるものです。

 

副作用は、手足や顔のしびれ、頭痛、めまい、胃の不快感なとが挙げられています。

 

また重症化した場合、肝機能障害を引き起こす可能性もあります。
血圧の人や体調不良の人は、要注意が必要です。

 

【プロペシア(別名:フィナステリド)】

プロペシアは別名フィナスペリドともよばれており、妊娠に関する副作用があるため、
男女共に致命的な副作用と言われています。

 

プロペシアは、女性には処方されない薬と言われています。
理由としては、赤ちゃんに悪影響を及ぼすと言われており、
病院などでも女性にプロペシアが処方されることはありません。

 

男性に対するプロペシアの副作用は、性欲の低下、精子の減少などがあります。

 

一番致命的な副作用が、産まれてくる赤ちゃんが男の子だった場合、
奇形児や障害のある子供が産まれやすいというものです。

 

ミノキシジルよりもはるかに致命的な副作用と言えます。

 

塗る育毛剤の副作用

天然由来成分を含む育毛剤は、比較的副作用が少なく、
副作用を起こす人も少ないと言われています。

 

しかし、もともとアレルギー体質の人や敏感肌の人は、
フケやかゆみ、発疹などの症状が現れる場合があります。

 

市販の育毛剤などは、低コストを重視するあまりに成分を無視する傾向にあり、
頭皮にダメージを与えるものが、多く販売されています。

 

アレルギー体質の人は、市販の育毛剤を使用すると、
上記のような症状が現れる可能性があります。

 

このように、育毛剤には深刻な副作用があります。
日本製の育毛剤よりも海外の育毛剤の方が副作用が多く、注意が必要です。

 

また効果の高い育毛剤ほど、副作用が強いと言っても過言ではありません。
育毛剤と言っても薬は薬。

 

必ず副作用があるということを頭に入れて、用量・用法を守り使用するようにしましょう。