MENU

市販の育毛剤を徹底検証!市販の育毛剤に効果はあるのか?

ドラッグストアなどで売っている市販の育毛剤。

 

花王、大正製薬など、様々なメーカーの育毛剤が並んでいます。
単価もネット販売に比べると、安くて簡単に購入することができます。

 

しかし様々な口コミを見ていると、市販の育毛剤のほとんどが、
一回限りで継続使用されていないことがわかります。

 

では、なぜ継続使用されないのでしょうか?
今回は、市販の育毛剤を徹底検証してみました。

 

市販の育毛剤はなぜ好まれないのか?

市販の育毛剤は低価格で購入できる代わりに、
育毛剤に含まれている成分が薄いのが特徴です。

 

成分が薄いということは、効果が期待できないということになります。
使用者の意見としては、

 

・使っていても効果が得られない
・人目が気になって購入しづらい
・育毛剤の臭いが気になる
・添加物が多く含まれている

 

などといった意見が多数ありました。

 

確かに価格は安く購入しやすいといった部分はありますが、
やはり人目につくということが気になるようです。

 

市販の育毛剤の良いところは?

市販の育毛剤は、全てがマイナスなことばかりではありません。
成分が薄いということは、副作用が少ないということになります。

 

成分が濃ければ濃いほど、副作用が出る可能性は高くなりますから、
そういった面では敏感肌やアレルギーの出やすい人には、使いやすい一品でもあります。

 

また、海外から輸入されている育毛剤は副作用が強いため、
市販で購入されるときはやはり日本産の育毛剤をオススメします。

 

市販の育毛剤は効果があるのか?

市販の育毛剤の効果は、はっきり言ってしまえばあまり効果はありません。

 

ではなぜ市販の育毛剤が販売されているのかというと、
育毛というよりは、むしろ頭皮環境の改善にあります。

 

頭皮が火照り乾燥している人は、メントール系の育毛剤を使うことにより頭皮の熱を抑え、血行を促進する効果のある育毛剤を使うなど、髪を生えさせることが目的ではなく、髪を生えさせるための土台である頭皮環境を整えることが目的とされていることがほとんどです。

 

もちろん育毛成分や発毛成分は含まれています。

 

しかし、髪を生やすにはやはり時間がかかるもので、すぐに効果を求めてしまう人は、
1本使用したらまた次の育毛剤へと手を出してしまいます。

 

頭皮環境は変えることができても、髪を生えさせることに関しては継続使用をしない人が多いため、効果がないという意見が多いようです。

 

薬局などで手軽に買える育毛剤も、度々メーカーや種類を変えていては、
頭皮を痛めるだけになってしまいます。どの育毛剤にも共通して言えることは、
「継続使用することが大切だ」ということです。

 

「自分に合った育毛剤なら、すぐに髪の毛が生えてくる」などということはありません。
どの育毛剤もやはり3〜6か月くらい使用していなければ、目に見える効果は出ないのです。

 

市販の育毛剤だからダメだというよりも、使用者の継続使用が重要なカギとなります。